せどりや転売の読者体験日記

私はリサイクルショップが大好きで、よく訪れる。

中古の家具や家電、雑貨などを見るのも好きだが、1番の狙いは衣類である。

服が好きで、ファッション誌も毎月欠かさず読んでいる。

数年前にクローゼットの中の莫大な服をリサイクルショップより高値で売れないかと思い、フリマアプリを始めた。

梱包や発送など、手間や時間はもちろんかかってしまうが、リサイクルショップに持ち込むよりはるかに高値で売れた。

最初のうちは自分の家の不用品だけを売っていた。

しかし、リサイクルショップに行くたびに、「この服、もっと高く売れそう」とか逆に「この服は売れなさそう」とか考えるのが楽しくなっていった。

フリマアプリでブランド名、商品名(ワンピースなど)で検索をかけると、売れた商品からまだ売れ残っている商品が一目でわかる。

それをみながら、私は研究した。

人気のあるブランドや売れている商品(ワンピースなど)、売れた金額の相場などだ。

いくら元値が高くて、いい生地を使っていても欲しい人が現れなければ、売れ残ってしまい利益は出ない。

逆に自分がいらない、必要ないと思うものでも他の人からしたら、宝石と同じくらい価値のあるものになる場合もある。

そんな当たり前なことにわたしは気づき、あることを始めた。

まずはリサイクルショップに行く。

比較的きれいな商品が置いてあったり、富裕層が住んでいる地域にあるリサイクルショップがおすすめ。

富裕層が住んでる地域のリサイクルショップは質の良いものが置いてあることが多い。

そこでスマートフォン片手に服を品定め。

万が一売れ残ってしまっても在庫にならないように、自分が着れる、着たいものを選ぶ。

ノーブランドはなかなか売れないため、ブランド名がはっきりしているものを選ぶ。

季節は先取り。春なら夏服、秋なら冬服を探す。

ピン!と来たものがあればフリマアプリで検索をかける。

ブランド名や商品名(ワンピース)だけでは検索に出てこない場合もある。

そういう時は、商品タグについている洋服の型番をインターネットで調べる。

たいていの服は調べると、いつ頃発売していたのか、元値、正式な商品名が出てくる。

そして、得た情報をもとにフリマアプリで、その洋服が売れているのか、人気があるのかを調べる。

もちろん、すべての洋服がフリマアプリに出ているわけではないので、そこは根気よく続けるのが大事だ。

フリマアプリで売れていて、なおかつ、リサイクルショップでの販売価格と送料を考えても

売れそうだし利益が出ると判断した場合だけ、購入し、転売するという事をわたしはしている。

300円で購入したmysticの薄手のブルゾンが約10倍の3000円で売れたこともある。

若者に人気なレデイアゼルというブランドのワンピースを1600円で購入し、5000円で売れたこともある。

衣服なら軽いので送料も安く、壊れ物ではないので割れたり壊れたりする心配がないのも良い点だ。

大きな利益はすぐには生まれないが、コツコツと続ければいい額にもなる。

服が好きな人、おしゃれが好きな人、リサイクルショップが好きな人、古着が好きな人。

そんな方々におすすめしたい転売方法です。

先ほども述べたように、100パーセント売れるわけではないので、そこは注意が必要です。

転売を目的にリサイクルショップに行ったのだけれど、自分の探していたような素敵な服やモノに出会えたり

フリマアプリやインターネットで服の情報を調べていくうちに服の知識が身についたりもする。

私自身、この転売はとっても楽しいし、まえより服に詳しくなれた気がします。

これからも隙間時間をつかって、リサイクルショップに通ってお小遣い稼ぎをしようと思っています。

あなたがせどりで稼ぐ為の無料講座

このように初心者でも誰でも簡単にせどりや転売で稼げるチャンスがあります。 以下のリンクからあなたがせどりで稼ぐ為の無料講座を開講しておりますのでどうぞご参加ください。

完全マンツーマンの個別指導塾を運営しています。

上記の無料講座でも、せどりや転売で稼ぐことはできますが「教えてくれる人が欲しい」「最短で確実に結果を出したい」方向けに個別指導塾を開講しております。 以下特設サイトをご覧ください。