母が昔大切にしていたもの

せどりや転売の読者体験日記

先日、週末に時間が空いていたので断捨離も兼ねて、オークションで不用品を売る作業をしていました。

普段はほとんど自分のものが主な出品物でしたので、慣れていたのですが、母から「要らないから売ってほしい」と頼まれていた物は中々手付かずで出品できず残ったままでした。

また、手付かずであって理由が他にもありまして、「こんなもの売れるのかしら」と思いつつ、母にとっては昔は大切にしていたものでしたので、破棄するわけにも行かずそのまま放置していました。

ですが、場所も取ってしまいますし、もしかしたら高値がつくかもしれない!、というわずかな期待を持って、出品することにしました。

自分の所有物ではなかったため、母にその品物の詳細を詳しく聞き取りし、分からない部分は、インターネットで調べました。

そして、検品して、商品の状態を確認し直して、状態や詳細がわかりやすいように、現物と違いがないように確認し、商品説明を記入しました。

商品の説明が長くなる時はパソコンで入力しますが、簡単な文章の時はスマホで作業しています。

画像はいつもスマホで撮影しアップしています。

この撮影がいつもとても苦手です。

撮影時間帯によって、明るさが変わったり、実物通り撮影できないことが多いからです。

実際に、落札して頂いた方から、「実物と色が違う」とクレームを頂いたことがあるため、写真を撮影する時は大変緊張します。

今回の撮影時にも、実物の通りに撮影できずに何度も取り直し、四苦八苦していました。

実物通りに撮影できるまで、10回以上撮影し直しました。

商品説明と画像をアップして、スマホから出品したのですが、出品後1時間のしないうちに、ウォッチリストに10人以上登録がありました。

出品日数は最大で7日間で出品していたので、とても期待が持てました。

閲覧数やウォッチリスト登録は、日に日に上がっていき、二日目には入札が入りました。

最初の出品金額は5000円にしていました。

私にとっては大金でしたので、入札が入った時とても嬉しかったです。

一件入札が入ると、すぐに別の入札者が高値更新してくれました。

その後その二人の方が競ってくれたのでどんどん金額が上がっていきました。

どきどきと同時に、とても嬉しかったのですが、そんなに高く売れるとは思っていなかったので、誤って商品説明を書いてしまったのだろうか、と、不安になりました。

何度も自分の出品コメントを読み直して、インターネットで間違いがないかを確認し、母にも経緯を説明し、確認をしました。

やはり、自分の使っていないものを出品する時はとても労力が要りますし、とても緊張します。

そのまま落札日当日も金額が上がっていき、最終的には10000円を超えて落札されました。

とてもびっくりしたのと同時に、すぐに母に連絡をしました。

母もとてもびっくりしており、とても喜んでいました。

むやみに、何でも捨ててはいけないなと改めて感じました。

なぜなら、私や母にとっては、不要なもので捨てていたかもしれないものが、ある人にとっては、今後大切にしたい物になるからです。

その後、お取引は無事終了し、その売り上げ金で家族で外食をしました。

母もとても喜んでいました。

ちなみに、その出品した商品ですが、それは、、、。

母が昔大事に集め、保管していたものです。

矢沢永吉の雑誌や新聞の切り抜きや、コメント欄、ライブの使用済みチケット、矢沢永吉のライブでの写真などでした。

古い色あせた昔のアルバムに納められており、切り抜きなどはくっついて取れない状態でしたので、そのように状態を説明し、アルバムごと出品しました。

こんな状態のものが売れるのだろうか、と、私も家族も思っていましたが、予想以上に高く売ることができました。

遊戯王カードを安く手に入れることができたので転売しました

閉店することになったカードショップ屋で大量のカードが非常に安く販売されていたので購入することにしました。

要するにそれは転売目的というので色々とカードが販売されてはいたのですが私がわかるの遊戯王カードだけでしたので遊戯王カードというのを購入して色々と分類分けすることにしました。

それなりに知っていることも多かったのですが少し新しいタイプのカードになりますとさすがに調べてみないとわからないということもありましたのでそれも含めて分類してみました。

軽く見積もっても3000枚くらいはあったのですがそれで3万円ぐらいで購入できました。

明確に価値のあるレアカードというのがいくつかしっかりとありましたのでそれを見て少なくとも2万円くらいはペイできるであろうということがそれだけで確認できたので購入してみたわけです。

実際にそれだけで2万円程度にメルカリで売ることができましたのでかなり良い目利きができたのではないかと思っています。

残りのカードはレアカードも沢山あるわけですがこの手のレアカードというのは1枚10円にも満たないようなものも多かったりしますが中には500円以上の価値のあるようなものというのもあるわけでそのあたりも一つ一つ調べてみたりして、個別に売ることにしました。

後はセットの販売ということでレアカードの10枚セットで150円とかそういうレベルで売っていてコツコツとさばいていたところ、最終的には2万円くらいのプラスになりました。

少しでも高く売れれば、ということでそれこそ一枚ずつ、とも考えたのですが一気に処分したい、ということもありましたのでセット販売をするということがなかなか成功したようです。

売れるカードは本当にしっかりと売れるのですが、一枚単位で数十円のカードはなかなか売れることはありませんでした。

だからこそのセット販売であり、明確にどんなカードが入っているのか、ということを明記することなく、レアパックセットとして売ったことが成功の秘訣でした。

メルカリをメインに販売していたわけですが、ヤフーオークションなども活用していました。

ヤフオクのほうはそんなに反応が芳しくなかったので、やはりどうしてもメルカリがよいと思うようになりました。

メルカリの基本は送料込みで表示をするということになりますから、その点だけはしっかりと注意して出品していました。

これで最初一回、失敗してしまったのです。

しかし、その後は大丈夫でした。

遊戯王カードの転売ですがスパンとしては4ヶ月ぐらいかかってしまったので転売ビジネスというような意味合いではそんなにうまくいったという感じではないでしょう。
しかし、私としてはかなり満足しています。

たまたま入ったカードショップで安く買うことができたものですから、これは私としてはちょっとした副収入になったというくらいのメリットはありますので、個人的には成功したといえます。

またあればこうしたことを定期的にやりたいと思うのですが、なかなか上手くよい安く買える機会というのがなかったりするのでまたやろうとすることは厳しそうです。

しかし、実は実家にまだ子どものときに集めていた遊戯王カードがありそうだったので送ってもらって、それを転売してみることにしました。

元々、使っていないものですし、もう興味もそんなにありませんから古いカードではありましたが、それでもそこそこ高く売ることができました。

中にはイベント参加しないと貰うことができないパックが未開封などでありましたから、これが数千円くらいで売ることができましたのでよい金額になりましたから、こちらもなかなかよい転売ができたと思っています。

ケガをきっかけに思い出した、懐かしい漫画の価値

仕事中に手をケガして、2週間ほど休職をしなくてはならず、思いがけず家でのんびりする時間ができたので、しばらくは1日中引きこもって漫画や映画を楽しむことにしました。

漫画も映画もレンタルショップでたくさん借り、毎日夢のような時間を過ごしていましたが、3日ほどで見たいものがなくなり、子供の時に見たかったけど、買う余裕がなく、見れなかった漫画があったことを思い出しました。

今となっては古い漫画で、「拳児」という 21巻完結のものでした。

漫画が古すぎてレンタルショップには置いてなかったため、中古漫画を置いてるお店やネットショップを探すと、ネットショップにありました。

全巻で2500円と安く、即購入しました。

休職期間ギリギリに届き、無事子供の頃から念願だった漫画をじっくり読むことができました。

そして思ったのは、この中古本、また中古で売れるのではないだろうか、ということ。

そこで、もし私のように、子供の頃に読みたかったけど読めなかった、大人になった今、忘れかけていたけど、何かのきっかけで思い出し、手に入れたいと思っている人がいるとしたら、一体いくらで買うだろうと。

フリマアプリや自分がその漫画を購入したネットショップで今いくらが相場か見てみると、あまり出品がなく、あっても状態が良くて高いもの、状態が悪くて安いものでした。

私の手元にある漫画は巻にもよるけれど、概ね状態は良かったので、某フリマアプリで出品することにしました。

まず、さすがにちょっと高いかな、という気持ちで5000円の値段をつけ、閲覧数などを見ながら安くしていこうと思っていました。

ですが、なんと、1日もたたないうちに、値下げする前に売れたのです。

そして購入者のコメントには、まさに私と同じように、子供の頃見たかった漫画でしたとのことで、売れた喜びはもちろんですが、同じように思っていた人と出会えたことがなんだかとても嬉しくなりました。

このことがきっかけに、もっと同じような漫画はないだろうかと、私は昔の記憶を必死に思い出しました。

そして、昔読みたかったいくつかの漫画を中古で購入したり、クローゼットの奥底に眠っていた古い漫画を取り出してみたりし、またフリマアプリで出品しました。

期待通り、良い値段で売れていき、送料や手数料を除いても、それなりのお金が手元に残りました。

そして、とにかく楽しいのは、購入者のコメントがいつも、宝物を見つけたかのような喜びのコメントなのです。

私はちょっとした手前でお金を稼ぐことができた上に、人から感謝までされ、とても満たされた気持ちになりました。

特に、住んでいる地域のチェーン店ではない中古ショップで買ったものは、意外とネットでも出品されておらず、例えば、「アルカード」という古い漫画の特別版は500円で購入しましたが、1500円で売れました。

それからは、掘り出し物を探しに仕事帰りや休日に中古ショップに行くことが日課になり、趣味のような感覚でした。

仕事なんかより、ずっと人から感謝の気持ちを伝えてもらえるので、やりがいがあり、自分は地元に眠る貴重な漫画と、どこかでそれを探している人を結びつける任務がある、なんてことを勝手に思いながら楽しんでいました。

手をケガしたときはとにかく落ち込みましたが、久しぶりにゆっくりできるんだと開き直り、偶然思い出し、探し得た漫画から、こんなにも生活が楽しく充実することになっていくとは全く想像がつかなかったので、いつどんなことをきっかけに人生が変わるか分からないものだなと思いました。

これからも、フリマで稼ぐ楽しさと、人に感謝される楽しさを味わうため、日々中古ショップめぐりをしていこうと思いました。

 

>せどり必勝ガイド

せどり必勝ガイド

たった7つの手順で月収100万円を達成して自由を手に入れられた「せどり攻略法」をLINEで無料公開中

CTR IMG