Amazon

AmazonFBA納品代行・出品代行業者を徹底比較!【2022年最新版】

スポンサーリンク

FBA納品代行・出品代行各業者比較※2022年1月現在

FBA納品代行を利用されるケースとして主に中古品だと思うので中古品に対応した業者をピックアップ致しました。

他の業者もありましたが、かなり値段が高かったのでもっとも安い3つに絞りました。

また、ほとんどの方は有料プランで利用すると思うので今回は有料プランでの比較と致しました。

有料プラン比較

有料プランの場合AmazonFBA代行センターせどロジシロネコFBA納品代行
入会金無料無料4,980円
月額料金4900108004980円~9980円
荷受手数料50無料無料
新品基本料金メディア小型サイズ8014058~78
新品基本料金メディア標準サイズ8016058~78
新品基本料金メディア以外小型サイズ8016058~78
新品基本料金メディア以外標準サイズ8018058~78
中古基本料金メディア小型サイズ180(本のみ)18098~118
中古基本料金メディア標準サイズ180(本のみ)26098~118
中古基本料金メディア以外小型サイズ不可26098~118
中古基本料金メディア以外標準サイズ不可28098~118
付属品記載不可324無料
ASIN検索30324130~140
写真撮影1カット300324200~210
写真撮影3カット500540250~260
opp梱包B5サイズ以下305420~25
opp梱包A4サイズ以上15010830~35
ディスク研磨100不可50~55
動作確認不可不可80~310

料金表をご覧いただけたらわかりますが、シロネコFBA納品代行が他の業者と比べて30%~50%近く安くなりますね。納品代行業界最安価格ではないでしょうか。

この料金で一番重要な箇所は基本料金です。

実際に利用されるケースとして140~160サイズのダンボールに約100個の商品を詰めて利用すると仮定します。

中古品の基本料金が98円の場合と180円の場合で比較してみます。

中古品の基本料金98円の場合

98円×100個=9.800円

中古品の基本料金180円の場合

180円×100個=18000円

おわかりいただけたましたか?単純計算してみたところでも約1.8倍は料金の差がでます。いかに基本料金が安いかが重要ですね。

また、写真撮影の料金も重要ですね。中古品は写真をアップするだけで高くても売れやすくなるからです。

その他比較

AmazonFBA代行センターせどロジシロネコFBA納品代行
中古品対応状況本のみ全てOKほぼOK
危険物可能可能不可
仕入れ先からの直送(フリマ、ネットショップ、メーカー、卸等)可能不可?不可
大型商品可能可能不可
要期限商品可能可能不可

大型商品や要期限商品に対応に差があるようですので、大型商品や要期限商品を仕入れる方は注意が必要です。

仕入れ先からの直送が可能とありますが、これはアカウントの停止リスクが非常に高いので絶対にやめた方が良いです。

住所等で紐づけられて芋ずる式に関連アカウントは停止してしまいます。特に最近のフリマアプリや楽天等のネットショップは複数アカウントを禁止しており警戒されています。

僕も過去に何個もアカウントが停止になりましたので冗談抜きでやめた方が良いです。新規アカウント作成はかなり厳しいです。

結論

以上の結果、現在最もおすすめするFBA納品代行業者はシロネコFBA納品代行となります。

大型や要期限商品、危険物等の商品は利用できませんが、それら以外は圧倒的な安さで頭一つ抜けていますのでオススメ致します。

お読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
期待値せどりの五十嵐
せどり開始3か月目で月商100万円達成。その後、仕入れや出品スタッフを雇用し本格的に組織化を開始します。以後自動的に収入を得られるようになります。最高月収は200万以上。 詳しいプロフィールは以下のリンクから↓↓↓
期待値せどりの五十嵐が組織化コンテンツを作成